2種類の発見と3密を避けた大阪の陶芸教室

生徒さん作。お尻が小さくして、スキッとしたかたちに仕上げていました。「そば釉」という色をわざとムラを作るようにして施釉。狙い通りのかっこいい壺になりました。

さてさて、老いの象徴でもある老眼。新聞なんかは読めるのですが単行本の漫画が、全く見えないんですよ。そんな「老い」をカバーしてくれるハズキルーペ。虫眼鏡とはいえ、眼鏡化するそのアイデアは「老い」をフォローしてくれ、迫りくる老いから逃れるその術に、心の安らぎをもたらしてくれるんですよ。

で、待ちに待ったキングダム57巻。もう56巻はだいぶん前に読んだので、記憶が曖昧なので50巻くらいからおさらいしないといけないんです。

・・・。

あかんね。
全然覚えてない。
40巻からおさらいが始まりました。しかも初見みたいにそのストーリー展開にドキドキしながら楽しめました。
また別の種類の「老い」を発見できましたよ。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA