一代と陶芸教室

黒天目釉を施釉した渋いグラタン皿。
耐熱用の粘土ではないので直火にはかけられませんがオーブンなんかでは大丈夫なんですよ。かっこいい出来栄えです!

さてさて、息子にはワタシがすることのなかった武道を習わせてるのですが、その先生が7歳の子どもにも容赦ない厳しさ。怖い先生、大人がいないという今の子どもたちの環境に、気が緩むと殴られる勢いで怒られる。時には理不尽な怒り方をされる、というこの教室は子どもたちにとってぬるま湯のこの時代に「大人の世界は厳しく、時には理不尽にキレられるんだよ」ということが学べっる願ったりもかなったりの習い事。本人は不本意だと思うのですが通わせてるんですよ。
おっ、松居一代のブログを見る時間だ。ではでは。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です