コースとテーマ

【基礎からじっくりコース】

ゆっくりとある程度決まったカリキュラムに沿ってステップアップしていくコースです。
その子の年齢を考慮しまた作りたいものなどを相談しながら作陶していきます。

 

 

 

 

 

【テーマは自由にコース】
決まった道筋は設けず作りたい作品を作るコースです。
かんたんな物から作り始め徐々に難しい技法の作品へとステップアップしていきます。

難易度別にテーマを設けています。A→B→Cと難易度が上がりそれに伴い技術を磨きます。
テーマBを制作するにはテーマAの製作を経てから作ることが出来ます。
テーマCはテーマA・Bを経てからとなります。
例えばテーマCのカレー皿は難易度が高いのでテーマAの小鉢やお茶碗、そしてテーマBの中鉢やマグカップ等を製作してから作ります。
こども陶芸で大切にしているテーマ「器としての基本を学びながら自由に楽しむ」。そのために初めから難易度の高い作品に挑戦すると形、細かな仕上げがうまく出来ず、使いにくい作品となってしまうためこのようなカリキュラムを作りました。


 
製作テーマ 製作個数
テーマA 小鉢 2つ
取り皿 2つ
お茶碗 2つ
テーマB 中鉢 1つ
角皿(さんま皿) 2つ
マグカップ 2つ
スープカップ 2つ
テーマC カレー皿 1つ
1つ
シュガーポット(フタもの) 1つ
時計 1つ
貯金箱 1つ

テーマ◎は比較的難易度が低いのでいつでもお作りいただけます。