叶わぬ夢と陶芸教室

「鬼板」と呼ばれる平たく言うと黒の絵の具みたいのんで刷毛でザッと模様をつけた小皿。「ザッと」と言ってもしっかり計算された模様がステキ🎵

さてさて、こどもたちは夏休みですね。

息子の通ってる小学1年生はアサガオの植木を夏休みに持ち帰って育てて観察日記をつけて最終的にタネを収穫し、学校の先生に提出。それを来年の新小学1年生がまた育てる、という微笑ましいループ。もちろんそのタネは誰から誰の手に渡るのかはわからないのです。なので息子に
「ちょっとゴーヤ的な実のなる朝顔の種に似たタネを混ぜとこうぜ。朝顔に混じってゴーヤが実をつけてるのに「やられた」感を出しながら爆笑してる顔を想像すると笑っちゃうし。」とお願いしたのですが子どもにちょっと真剣にダメって叱られちゃったんですよ。
息子は2年生になり朝顔観察日記の宿題は無いので、もう叶えることのできない夢。

どなたかこの夢を。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA