看板犬と陶芸教室

渾身の一輪挿し。渋い花器にしたいとのことで、少しギャンブル性はあるけども意に沿った色合いが出そうだったので「炭化焼成」・・・作品の周りに木炭を敷き詰めて焼く方法、で焼くことに。作品の上半身には灰釉をかけて作務衣が似合いそうな花器に。
期待通りの焼き具合になってくれましたね。

さてさて、もう13歳になった桃久李の看板犬「わらび」。キラキラした目で老いを感じさせない彼女なんですよ。夕方、カフェにお客さんがいなくなるとケージから出して彼女の大好きなカフェ入り口で見張りのお仕事。彼女きっかけで入会してくれたお客さん、彼女をきっかけに陶芸体験を考えてくれてるお客さん。看板犬としての仕事を果たしてくれてます。普段はケージに入ってるので、犬苦手な方もご安心を♪

少し前のブログです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA